選ばれる理由 先進医療実施施設 白内障手術実績NO.1 ベリオンを導入
多焦点眼内レンズ
Multifocal intraocular lens

ホーム > 多焦点眼内レンズ

日帰り白内障手術
多焦点眼内レンズ
ICL
院長・副院長紹介
院内案内
完全予約制
アクセス
クリニック日記
採用情報


メディア掲載情報
◆2016年10月号
  くまもと経済
 「多焦点眼内
   レンズ」
◆2016年6月号
  くまもと経済
 「近視の手術」
◆2015年10月号
  くまもと経済
 「屈折型多焦点
   眼内レンズ」

◆2015年5月10日
  熊本日日新聞
 「最先端手術を
  熊本で」

◆2014年10月号
  くまもと経済
 「オーダーメイド
   の眼内レンズ」

◆2011年10月27日
  熊本日日新聞
 「先進医療が県内
   でも可能に」

◆2010年8月28日
  熊本日日新聞
 「日帰り手術が
   普及」
◆2010年5月5日
  熊本保険医新聞
 「完全公開の
   手術室」


 多焦点眼内レンズ  Multifocal intraocular lens


 多焦点眼内レンズとは


 白内障手術時に挿入する従来の眼内レンズ(単焦点眼内レンズ)はピントが合う位置が1カ所しかありません。そのため遠くが見えるような眼内レンズを移植すると近くはピントが合わなくなる老眼になり、近用または遠近両用眼鏡が必要になります。単焦点眼内レンズの欠点を補うため、遠くも近くもピントがあうように作られた眼内レンズが多焦点眼内レンズです。
 わが国では2008年から先進医療に認定されました。当院では開業2年目の2011年に先進医療実施施設に厚生労働省に認定され、熊本県内でもこの手術を受けることが可能になりました。 詳しくは→(こちら
 



単焦点眼内レンズ 多焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズの見え方 多焦点眼内レンズの見え方
遠くにピントを合わせた場合、遠くの風景はよく見えますが、近くの携帯電話はぼやけます。老眼鏡などが必要です。
※近くにピントを合わせた場合は、手元は裸眼で見えますが、中間~遠方は眼鏡が必要になります。
眼鏡なしで、遠くの風景も近くの携帯電話もよく見えます。
健康保険の適応はなく先進医療か自由診療になります。








 当院の実績

 現在まで900件以上の
多焦点眼内レンズを用いた
白内障手術を行ってきました。
熊本県すべての地域から白内障手術を目的に
来院されています。
多焦点実績グラフ





 多焦点眼内レンズで手術すると


老眼鏡なしで読み書きができたり、携帯電話を見ることができます。
















 各種の眼内レンズの見え方のイメージ





 多焦点眼内レンズの限界

1.グレア・ハロー

夜間に強い光(対向車のヘッドライトなど)を見たときに光をまぶしく感じたり、光の周辺に輪がかかって見えたりする症状です。このグレア・ハロー現象は正常な水晶体より眼内レンズの方が強く、単焦点眼内レンズより多焦点眼内レンズの方が強いと報告されています。そのため、夜間の運転をよくする長距離トラック運転手やタクシー運転手には多焦点眼内レンズは不向きと考えられています。


単焦点眼内レンズの夜の見え方 多焦点眼内レンズの夜の見え方
街灯や対向車のヘッドライトなど 明るい光もあまり気になりません。 街灯や対向車のヘッドライトなど 明るい光がにじんで見えます。






2.見え方の鮮明さ(コントラスト感度)

多焦点眼内レンズは目に入る光を遠方用・近方用に分ける原理のため、特に回折型では健康保険の単焦点に比べて、見え方の鮮明さ(コントラスト感度)が劣るという欠点があります。


3.角膜乱視

裸眼視力の善し悪しは角膜乱視の影響を強く受けます。そのため、角膜乱視が強い方には乱視矯正のできる多焦点眼内レンズで対応します。レンズで矯正できない乱視(不正乱視)の方は単焦点眼内レンズの方が向いていることもあります。


4.屈折誤差

眼軸長(目の長さ)、角膜曲率半径(角膜のカーブ)を基に眼内レンズの度数を決定します。眼軸長も角膜曲率半径も機械でヒトの目を測定するため測定誤差が起こることがあります。そのため、当院では3回以上の測定を行い、出来るだけ測定誤差を小さくするように努めています。それでも、術後に正視ではなく、軽い近視や遠視になる場合があります。その場合は、薄い単焦点のメガネを使用して対処して頂きます。





 多焦点眼内レンズのよくある質問  Q&A


 Q. 近視があっても受けられますか?

A. 基本的には受けられます。ただし近視が強い方は網膜の中心部の機能が落ちていて術後の視力が出にくいことがあります。また、近視の強い方は眼内レンズの屈折誤差が出やすいことも知られています。適応があるかどうかは十分な検査をしてからご説明します。




 Q. 手術自体のリスクは単焦点と違うのですか?

A. 基本的に手術の方法自体は変わりなく、手術時間も、合併症の頻度もほとんど変わりません。ただし、多焦点眼内レンズは単焦点眼内レンズよりデリケートで、眼内レンズを傾きなく瞳孔中央に正確に固定する必要があります。そのため、白内障手術に熟練した眼科医が行うべき手術です。




 Q. 白内障は片目だけですが、片目の手術でも出来ますか?

A. 白内障の無い方の目の状態によりますが、基本的には手術できます。見えているつもりの逆の目にも白内障があることも結構あります。左右の見え方のバランスが重要になるので、適応があるかどうかは十分な検査をしてからご説明します。




 Q. すでに片目は単焦点眼内レンズで手術を受けています。今回、逆の目が白内障になってきました。
   多焦点眼内レンズで手術が出来ますか?

A. すでに手術されている単焦点眼内レンズの目の屈折(近視、遠視、乱視の度数)の状態や、今回白内障になった目の状態によって総合的に判断します。適応があるかどうかは十分な検査をしてからご説明します。