選ばれる理由 先進医療実施施設 白内障手術実績NO.1 ベリオンを導入
ICL
Implantable Collamer Lens

ホーム > ICL

日帰り白内障手術
多焦点眼内レンズ
ICL
院長・副院長紹介
院内案内
完全予約制
アクセス
クリニック日記
採用情報


メディア掲載情報
◆2016年10月号
  くまもと経済
 「多焦点眼内
   レンズ」
◆2016年6月号
  くまもと経済
 「近視の手術」
◆2015年10月号
  くまもと経済
 「屈折型多焦点
   眼内レンズ」

◆2015年5月10日
  熊本日日新聞
 「最先端手術を
  熊本で」

◆2014年10月号
  くまもと経済
 「オーダーメイド
   の眼内レンズ」

◆2011年10月27日
  熊本日日新聞
 「先進医療が県内
   でも可能に」

◆2010年8月28日
  熊本日日新聞
 「日帰り手術が
   普及」
◆2010年5月5日
  熊本保険医新聞
 「完全公開の
   手術室」


 ICL  Implantable Collamer Lens


 ICLとは


 小さなレンズを目の中に入れて近視や乱視を治療する新しい視力矯正手術のことです。一般に、目の中の水晶体を温存したままレンズを挿入する治療方法は、「有水晶体眼内レンズ(フェイキックIOL)挿入術」と呼びます。また、レンズを眼の中に入れることから「眼内コンタクトレンズ治療」と呼ぶこともあります。




 フェイキックIOL(眼内コンタクトレンズ)の種類


 フェイキックIOL(眼内コンタクトレンズ)は、使用するレンズの種類により主に2種類(前房型、後房型)あり、これらは目の中でレンズを固定する位置がそれぞれ異なっています。
 ICLは後房型フェイキックIOLで、黒目(虹彩)の裏側である虹彩と水晶体の間の後房と呼ぶばれる位置にレンズを置き、毛様溝にレンズの両端を入れて固定します。
 厚生労働省の認可を受けているのは後房型フェイキックIOLであるICLのみです。








 ホールICL


 2014年にICLの中央に0.36mmの穴を開けた、ホールICLが厚生労働省より認可されました。このホールICLは従来のICLより眼の中の水の流れをよくする効果があり、ICL手術前の虹彩切開術(LI)が不要になりました。また、術後の眼圧の上昇や白内障のリスクの軽減につながると考えられています。





 レーシックとの違い



1.角膜を削らない手術

 レーシックは、もともと矯正できる近視の度数に上限があり、また度数が強い人ほど多く角膜を削ることになるため、見え方の質が低くなりやすいという欠点があります。ICLはレンズの度数の幅が広く、レンズの矯正精度も高いため、近視の強い人でも質の高い見え方が期待できます。



2.長期的に安定した視力

 レーシックを受けた方の場合、一般に「近視の戻り」と言って、術後数年間で視力が少し近視気味に戻ってしまう傾向のあることが報告されています。またこの「近視の戻り」の傾向は、特に強度近視の方ほど顕著にみられます。ICLの手術を受けられた方の場合は、著しい「近視の戻り」は現在までのところは報告されてなく、長期的に安定しているという報告がほとんどです。



3.ドライアイ

 角膜を削るレーシックでは、フラップを作成する時に角膜の知覚神経が切断されるので、一時的にドライアイが起こりやすくなりますが、ICLではあまり起こりません。



4.術後でも術前の状態に戻せる

 ICLのレンズは、特別な理由がない限り交換する必要はなくそのままずっと目の中に入れておくことが可能です。万が一、術後に問題が生じた場合には、レンズを取り出して元の状態に戻すことができます。これはレーシックとは大きく異なる特徴です。



5.強度の近視でも矯正可能

 角膜を削るレーシックでは、矯正できる度数に上限があります。ICLでは幅広い度数のレンズが用意されており、最強度の近視でも矯正することが可能です。



 ICLの特徴



1.国内外での使用実績

 2014年までに国内で8500枚以上、世界で475000枚以上の使用実績があります。



2.日帰り手術が可能

 ICL手術の所要時間は、片眼で約15分程度。レンズはとても柔らかい素材でできており、細長く折りたたんだ状態で眼内に挿入します。レンズ挿入のための切開創は3mmと小さく、両眼を同日に手術でき、視力は1日~1週間ほどで回復します。



3.長期的な安定性と安全性

 ICLのレンズ素材は、HEMA(水酸化エチルメタクリレート)とコラーゲンを共重合させたCollamerと呼ぶ素材から作られています。生体適合性が高く、目の中にいれても異物として認識されにくい大変優れた素材です。特別なメンテナンスをする必要はなく、目の中で長期間にわたって透明な状態を維持し、長くレンズとしての機能を果たします。



タンパク質沈着テストを行ったレンズ素材表面の電子顕微鏡写真(1000倍) 
左がCollamer素材、右がアクリル素材。ICLのCollamer素材はタンパク質の吸着の少ない安定した素材です。






 手術の適応(手術に向いている人)


■21 歳から 45歳 まで

■近視の度数が‐6.0Dより強い近視
 (コンタクト使用中の方はコンタクトのパッケージに書いてある近視の数字を見てください。-6.0D~-15.0Dくらいが手術の適応範囲になります。)
 (-6.0Dより軽い近視の方は屈折矯正手術ガイドラインではレーシックが推奨されています。)






 手術の禁忌(手術に向かない人)


■21歳未満

■術前1年以内に近視が進行した方

■前房深度(角膜から水晶体までの距離)が短い方(検査をして判断します)

■円錐角膜の方(角膜の形の異常で、検査をして判断します)

■角膜屈折矯正手術を既に受けたことのある方

■角膜内皮障害のある方(角膜内皮の写真を撮って判断します)

■妊婦又は授乳期






 手術の方法








 ICL手術の合併症(危険性)



術直後

■異物感、充血、かすみ
傷口が治癒し、炎症が治まることで、時間とともに改善します。

■視力の変動
術後1週間ほどは、炎症などで視力が変動することがあります。

■グレア・ハロー
夜間など暗い中で光を見た時に、光がにじんでみえたり、まぶしさを感じる場合があります。通常は、徐々に気にならなくなります。

■眼圧上昇
眼圧が上昇すると頭痛、嘔吐などの症状があります。ホールICLになって頻度が少なくなりました。

■感染症
非常にまれですが、傷口から細菌が侵入し、発症することがあります。





術後長期

■レンズ回転
特に乱視用レンズでは、視力に影響する場合があります。レンズの位置調整や交換を行います。

■度数ずれ
時間の経過とともに度数がずれた場合は、レンズ交換や他の矯正方法を検討します。

■白内障
視力に影響がない場合は経過観察します。レンズを取り出すこともあります。症状が強い場合は、レンズを取り出して、白内障手術を行います。

■緑内障
点眼薬などの治療を行います。






 ICLのメリットとデメリット



メリット

■角膜の厚さが薄いため、もしくは強度近視でレーシックが不適応になってしまった方でも、基本的には手術が可能です。

■レーシックのように角膜を削らないので、レーシックより見え方の質が高くなります。

■レーシックと違い、ドライアイになることが少ない手術です。





デメリット

■手術後の目の状態によっては、レンズのサイズを交換する場合があります。

■ごくまれに白内障を誘発することがあり、状況によってはレンズを取り出したり、白内障の手術を行うことがあります。

■乱視矯正用のICLを移植した場合、術後まれにレンズが回転することがあり位置調整の手術が必要になることがあります。

■レーシックより一般的に高価です。





 治療の流れ



適応検査

ICL手術が可能か診断します (検査費用 3,000円)。
ハードコンタクトレンズを使用中の場合は3週間、ソフトコンタクトレンズを使用中の場合は1週間、コンタクトレンズを使用せずに来院して下さい。






詳細検査

適応検査の結果、適応となりましたらレンズの度数やサイズを決定するための検査を行います(検査費用 無料)。





術前説明

執刀医から手術内容について時間をかけて十分に説明します。
後日、手術費用を振り込み頂き、レンズを注文します。






手術

点眼麻酔をして角膜に約3㎜の切開をしてレンズを移植します。手術時間は両眼で30~40分程度です。





術直後検査

1時間くらい安静に過ごしていただき、レンズの位置や眼圧などを確認します。問題がなければ裸眼で帰宅できます。





術後検査

翌日、1週間後、1か月後、3か月後、1年後の定期検診を受けていただきます。





 手術の費用


乱視なしの場合 片眼40万円 両眼80万円(消費税込み)

乱視ありの場合 片眼45万円 両眼90万円(消費税込み)

※術後1年間のICL手術に対する診察費用・薬剤費用を含んでいます









 よくある質問  Q&A


 Q. レンズはどんな素材でできていますか?

A. ICLのレンズは、コラマー(Collamer)と呼ばれる素材でできています。これはHEMA(水酸化エチルメタクリレート)とコラーゲンを共重合させた含水性のとても柔らかい素材です。生体適合性に優れており、目の中に入れても異物として認識されにくい素材です。とても柔らかい素材なので、細長く筒状に折りたたむことで、3mm程度の小さな切開創からの出し入れが可能です。万が一問題があった場合でも、約3mmの創口を作ってレンズを取り出すことが可能です。




 Q. レンズは目の中でずれたり、割れたりしませんか?

A. ICLのレンズは、虹彩の裏側にある毛様溝という部分にレンズ両端の突起を入れて固定します。よほどの強い衝撃でない限り、ずれることはまずありません。またとても柔らかい 素材なので、目の中で割れることもありません。




 Q. 異物感を感じることはありますか?

A. ハードコンタクトレンズの場合は角膜の上にのせるので異物感を感じますが、ICLの場合は眼内に挿入するので異物感を感じることは通常ありません。LASIKと違いドライアイになりにくいので、ごろごろした感じや目の乾きを感じることも少ない手術です。




 Q. 手術中に痛みはありますか?

A. 麻酔をするので、痛みは通常ありません。麻酔は目薬による麻酔だけなので、麻酔をする時の痛みもありません。術後に軽い痛みや異物感を感じる場合もありますが、通常は時間経過とともに改善します。




 Q. 術後どれくらいで視力が安定しますか?

A. 手術の直後は若干の炎症のため見えづらい場合がありますが、通常は翌日~1週間ぐらいで回復するのがほとんどです。傷口が安定する1~3カ月間で視力はほぼ安定します。