選ばれる理由 先進医療実施施設 白内障手術実績NO.1 ベリオンを導入
院長・副院長紹介
Introduction

ホーム > 院長・副院長紹介

日帰り白内障手術
多焦点眼内レンズ
ICL
院長・副院長紹介
院内案内
完全予約制
アクセス
クリニック日記
採用情報


メディア掲載情報
◆2016年10月号
  くまもと経済
 「多焦点眼内
   レンズ」
◆2016年6月号
  くまもと経済
 「近視の手術」
◆2015年10月号
  くまもと経済
 「屈折型多焦点
   眼内レンズ」

◆2015年5月10日
  熊本日日新聞
 「最先端手術を
  熊本で」

◆2014年10月号
  くまもと経済
 「オーダーメイド
   の眼内レンズ」

◆2011年10月27日
  熊本日日新聞
 「先進医療が県内
   でも可能に」

◆2010年8月28日
  熊本日日新聞
 「日帰り手術が
   普及」
◆2010年5月5日
  熊本保険医新聞
 「完全公開の
   手術室」


 院長・副院長紹介  Introduction


 ごあいさつ

 2009年11月に熊本市中央区で開業しました。
2011年3月には開業1年余りで、九州全体でも20施設余りの先進医療実施施設に厚労省に認定されました。
多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は県内最多の手術実績となりました。
  さらに、熊本県初となる完全オーダーメイドの多焦点眼内レンズ・レンティスに取り組み、コンピューター手術支援システム・ベリオンを熊本県内で初導入しました。
  「最先端の白内障手術を熊本で」を目標に、職員一同努力して参ります。


2016年1月

眼科こがクリニック 院長 古賀貴久
副院長 古賀朋代










 院長・副院長プロフィール




院長 古 賀 貴 久
(医学博士、日本眼科学会認定眼科専門医)



1995年 熊本大学医学部卒業 熊本大学眼科研修医
1997年 武蔵野赤十字病院(東京都)眼科医師
1999年 熊本大学大学院
2003年 熊本大学眼科 助教
2005年 熊本大学眼科 講師
2005年 イリノイ大学シカゴ校(米国)眼科 客員研究員
2007年 熊本大学眼科 退職
2008年 たけだ眼科(人吉)副院長
2009年 眼科こがクリニック院長

福岡県出身です。1995年に熊本大学医学部を卒業後、熊本大学眼科を中心に眼科診療、眼科手術を行って参りました。 武蔵野赤十字病院(東京都)への2年間の国内留学で最新の眼科手術を学び、イリノイ大学シカゴ校へ2年間、 海外留学しました。先進医療実施施設(厚生労働省認定)として最先端の医療を提供できるように努力していきたいと考えています。



 院長業績

◆ 講演・セミナー
2016年8月 6日 参天製薬主催、パレア
                   くまMEN会 「白内障手術の最先端と今後の展望」
2016年2月27日 興和創薬主催、ホテルニューオータニ熊本
         緑内障フォーラム2016熊本 「ROCK阻害薬の眼圧下降機序について」
2015年6月24日 HOYA株式会社主催、北九州市
          多焦点IOL症例検討会in小倉 「屈折型多焦点IOL(iSii)の適応と導入のコツ」
2015年6月12日 日本点眼薬研究所主催、福岡市
          日本点眼薬研究所社内講演会 「白内障手術の進歩」   
2015年5月 9日 公徳会主催・熊本日日新聞社共催、熊本市
         心を考えるセミナー 「医の志と心 最先端の白内障手術を熊本で」
2015年4月 4日 AMO社主催、ホテルニューオータニ熊本
         KUMAMOTOの会 「Quality of Surgery シグネチャーによる白内障手術」
2014年9月28日 熊本県眼科医会主催、熊本市
         熊本市民健康フェスティバル 「身近な目の病気 白内障手術の進歩」
2014年8月20日 日本薬剤師協会主催、熊本市
            日本薬剤師協会 熊本エリア研修会 「眼科医療の最前線 緑内障治療・白内障手術」
2014年2月 7日 大塚製薬主催、熊本市
          大塚製薬社内講演会 「白内障手術の進歩」
2013年3月 3日 RKK熊本放送主催、熊本テルサ
         なるほど納得 医療セミナー 「日帰り先進白内障手術」       
2012年4月21日 アクサ生命主催、熊本市
         先進医療セミナー 「身近な先進医療 最先端の白内障手術・多焦点眼内レンズ」    

◆ 学会発表
2016年9月25日 熊本眼科集談会(熊本市)
                「回折型多焦点眼内レンズの不満例の検討」
2016年3月19日 熊本県眼科集談会(熊本市)
              「サージカルガイダンスVERIONを用いたトーリック眼内レンズ移植術」
2016年1月30日 日本眼科手術学会総会(福岡市)
              「アポダイズ回折型多焦点眼内レンズの術後不満例の検討」
2015年3月28日 熊本県眼科集談会(熊本市)
              「オーダーメイドの分節型多焦点眼内レンズ・レンティスの手術経験」
2015年1月30日 日本眼科手術学会総会(京都市)
              「アポダイズ回折型多焦点眼内レンズの術後裸眼視力に関与する因子の解析」
2014年3月22日 熊本県眼科集談会(熊本市)
              「回折型多焦点眼内レンズを用いた白内障手術の術後裸眼視力に関する因子の検討」
2013年3月23日 熊本県眼科集談会(熊本市)
              「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」
2011年3月26日 熊本県眼科集談会(熊本市)
              「多焦点眼内レンズを用いた超音波白内障手術」

◆ 教科書などの執筆
1、古賀貴久.教えて眼科クリニック 眼科こがクリニック.
  眼科ケア17:84-85 2015
2、谷原秀信、古賀貴久.緑内障治療と薬物療法の考え方 原発開放隅角緑内障(広義)-眼圧管理の理想と現実.
  眼科インストラクションコース3 緑内障薬物療法まるごとマスター.(谷原秀信編):36-45,
   メディカルビュー 2005
3、古賀貴久、谷原秀信.アポトーシス.
  緑内障(北澤克明監修、白土城照、新家 眞、山本哲也編):61-65,医学書院 2004
4、古賀貴久、谷原秀信.治療方針,外傷後の低眼圧.
   眼科診療プラクティス98 緑内障のトラブルシューティング.(根木 昭編):113,文光堂 2003
5、古賀貴久、谷原秀信.緑内障手術のAdvanced techniques Seton手術 房水シャント術.
   眼科診療プラクティス96 スタンダード眼科手術顕微鏡手術.(樋田哲夫編):182-183,文光堂 2003
6、古賀貴久.主な疾患の治療戦略 色素性緑内障.
   眼科外来シリーズ5 緑内障外来.(根木 昭編):208,メディカルビュー 1999
7、古賀貴久.主な疾患の治療戦略 高眼圧症.
   眼科外来シリーズ5 緑内障外来.(根木昭編):164,メディカルビュー 1999

◆ 日本語論文
1、 古賀貴久、古賀朋代. アポダイズ回折型多焦点眼内レンズの術後裸眼視力に関与する因子. 
    日眼会誌119:846-854 2015
2、 吉永朋代、古賀貴久、谷原秀信. 非穿孔性線維柱帯切除術(NPT)の限界. 
     眼科手術16:335-337 2003
3、 古賀貴久、谷原秀信. 分子遺伝から分子治療への戦略神経保護臨床の可能性. 
     日本眼科紀要53:498-501 2002
4、 古賀貴久、谷原秀信. 緑内障と眼圧の季節変動.
     臨床眼科55:1519-1522 2001
5、 古賀貴久、谷原秀信. ニューロプロテクション-どこまで臨床に近づいているか-. 
     IOL&RS15:120-122 2001
6、 古賀貴久. 眼科疾患の基本知識 緑内障.
     眼科ケア2:369-372 2000
7、 古賀貴久、小松真理、増田あこ、榎本喜久子、清水公也. 初心者による角膜小切開超音波白内障手術.
     眼科手術13:65-68 2000
8、 古賀貴久、根木昭. 【Quality of Vision緑内障】白内障と緑内障の同時手術. 
     あたらしい眼科16:921-925 1999
9、 古賀貴久、武藤知之、井尻裕司、根木昭. 外傷に伴い網膜中心動脈閉塞症と黄斑円孔を生じた1例.
     あたらしい眼科16:437-440 1999
10、濱田麻美、清水公也、三戸岡克哉、古賀貴久、小松真理.
   シリコーンレンズ挿入眼における前嚢切開サイズの検討(前嚢切開サイズによる比較).
     IOL&RS 13:11-14 1999
11、古賀貴久、松本光希、根木昭. 涙嚢炎、涙小管炎にシリコーンチューブを留置した1例.
     あたらしい眼科15:1739-1741 1998
12、三戸岡克哉、清水公也、古賀貴久、小松真理. 前房内麻酔の有効性と安全性の検討. 
   臨床眼科52:925-928 1998
13、古賀貴久、清水公也、小松真理、三戸岡克也. 角膜切開超音波白内障の論点-術後眼内炎、
     術中合併症について.
   臨床眼科52:603-606 1998
14、古賀貴久、清水公也、小松真理. 白内障手術後眼内炎の発生頻度と予防.
   眼科手術11:175-178 1998

◆ 英語論文
1、 Koga T, Shen X, Park JS, Qiu Y, Park BC, Shyam R, Yue BY. Differential effects of myocilin and optineurin, two glaucoma genes, on neurite outgrowth. Am J Pathol. 2010, 176: 343-52.
2、 Inomata Y, Fukushima M, Hara R, Takahashi E, Honjo M, Koga T, Kawaji T, Satoh H, Takeya M, Sawamura T, Tanihara H. Suppression of Choroidal Neovascularization in Lectin-like Oxidized Low-Density Lipoprotein Receptor Type 1-Deficient Mice. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2009, 50: 3970-6.
3、 Gorovoy M, Koga T, Shen X, Jia Z, Yue BY, Voyno-Yasenetskaya T. Downregulation of LIM kinase 1 suppresses ocular inflammation and fibrosis. Mol Vis. 2008; 14:1951-9.
4、 Inatani M, Iwao K, Inoue T, Awai M, Muto T, Koga T, Ogata-Iwao M, Hara R, Futa R, Tanihara H. Long-term relationship between intraocular pressure and visual field loss in primary open-angle glaucoma. J Glaucoma. 2008; 17: 275-9.
5、 Shen X, Koga T, Park BC, Sundarraj N, Yue BY. RHO GTPase and cAMP/PKA signaling mediates myocilin induced alterations in cultured human trabecular meshwork cells. J Biol Chem. 2008, 283: 603-12.
6、 Sakai H, Shen X, Koga T, Park BC, Noskina Y, Tibudan M, Yue BY. Mitochondrial association of myocilin, product of a glaucoma gene, in human trabecular meshwork cells. J Cell Physiol. 2007; 213: 775-84.
7、 Iwao K, Inatani M, Kawaji T, Koga T, Mawatari Y, Tanihara H. Frequency and risk factors for intraocular pressure elevation after posterior sub-Tenon capsule triamcinolone acetonide injection. J Glaucoma. 2007; 16: 251-6.
8、 Awai M, Koga T, Inatani M, Inoue T, Tanihara H. Stability of the central visual field after modern trabeculectomy techniques in eyes with advanced glaucoma. Jpn J Ophthalmol. 2007; 51: 116-20.
9、 Wakita M, Kawaji T, Ando E, Koga T, Inatani M, Tanihara H, Ando Y. Ocular decompression retinopathy following trabeculectomy with mitomycin C associated with familial amyloidotic polyneuropathy. Br J Ophthalmol. 2006; 90: 515-6.
10、Awai M, Koga T, Inomata Y, Oyadomari S, Gotoh T, Mori M, Tanihara H. NMDA-induced retinal injury is mediated by an endoplasmic reticulum stress-related protein, CHOP/GADD153.J Neurochem. 2006; 96: 43-52.
11、Koga T, Koga T, Awai M, Tsutsui J, Yue BY, Tanihara H. Rho-associated protein kinase inhibitor, Y-27632, induces alterations in adhesion, contraction and motility in cultured human trabecular meshwork cells. Exp Eye Res. 2006; 82: 362-70.
12、Hashizume K, Mashima Y, Fumayama T, Ohtake Y, Kimura I, Yoshida K, Ishikawa K, Yasuda N, Fujimaki T, Asaoka R, Koga T, Kanamoto T, Fukuchi T, Miyaki K; Glaucoma Gene Research Group. Genetic polymorphisms in the angiotensin II receptor gene and their association with open-angle glaucoma in a Japanese population. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2005; 46: 1993-2001.
13、Koga T, Inatani M, Hirata A, Inomata Y, Zako M, Kimata K, Oohira A, Gotoh T, Mori M, Tanihara H. Expression of a chondroitin sulfate proteoglycan, versican (PG-M), during development of rat cornea. Curr Eye Res. 2005; 30: 455-63.
14、Awai M, Futa R, Hamanaka T, Hirata A, Koga T, Kimura A, Miyagawa T, Tanihara H. A case of Chandler's syndrome revealed by ultrastructural studies of the trabecular meshwork. Acta Ophthalmol Scand. 2005; 83: 113-4.
15、Kawaji T, Hirata A, Inomata Y, Koga T, Tanihara H. Morphological damage in rabbit retina caused by subretinal injection of indocyanine green. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2004; 242: 158-64.
16、Koga T, Inatani M, Hirata A, Inomata Y, Oohira A, Gotoh T, Mori M, Tanihara H. Expression of glycosaminoglycans during development of the rat retina. Curr Eye Res. 2003; 27: 75-83.
17、Inomata Y, Hirata A, Koga T, Kimura A, Singh DP, Shinohara T, Tanihara H. Lens epithelium-derived growth factor: neuroprotection on rat retinal damage induced by N-methyl-D-aspartate. Brain Res. 2003; 991: 163-70.
18、Kimura A, Ando E, Fukushima M, Koga T, Hirata A, Arimura K, Ando Y, Negi A, Tanihara H. Secondary glaucoma in patients with familial amyloidotic polyneuropathy. Arch Ophthalmol. 2003; 121: 351-6.
19、Inomata Y, Hirata A, Yonemura N, Koga T, Kido N, Tanihara H. Neuroprotective effects of interleukin-6 on NMDA-induced rat retinal damage. Biochem Biophys Res Commun. 2003; 302: 226-32.
20、Koga T, Zhang WY, Gotoh T, Oyadomari S, Tanihara H, Mori M. Induction of citrulline-nitric oxide (NO) cycle enzymes and NO production in immunostimulated rat RPE-J cells. Exp Eye Res. 2003; 76: 15-21.
21、Koga T, Ando E, Hirata A, Fukushima M, Kimura A, Ando Y, Negi A, Tanihara H. Vitreous opacities and outcome of vitreous surgery in patients with familial amyloidotic polyneuropathy. Am J Ophthalmol. 2003; 135: 188-93.
22、Tanihara H, Inatani M, Koga T, Yano T, Kimura A. Proteoglycans in the eye. Cornea. 2002; 21(7 Suppl): S62-9.
23、Koga T, Koshiyama Y, Gotoh T, Yonemura N, Hirata A, Tanihara H, Negi A, Mori M. Coinduction of nitric oxide synthase and arginine metabolic enzymes in endotoxin-induced uveitis rats. Exp Eye Res. 2002; 75: 659-67.







副院長 古 賀 朋 代
(医学博士、日本眼科学会認定眼科専門医)



2000年 熊本大学医学部卒業、熊本大学眼科研修医
2001年 熊本市民病院 眼科医師
2002年 熊本大学大学院
2005年 イリノイ大学シカゴ校(米国)眼科 客員研究員
2009年 眼科こがクリニック副院長

熊本市の出身です。2000年に熊本大学医学部を卒業しました。熊本大学医学部附属病院眼科、 熊本市民病院眼科に勤務ののち、熊本大学大学院では緑内障の基礎研究、糖尿病網膜症の診療や 臨床研究に携わりました。地域の患者さまおひとりおひとりを大切に、適切な医療を行って参りたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。



 副院長業績

◆ 日本語論文
1、古賀貴久、古賀朋代. アポダイズ回折型多焦点眼内レンズの術後裸眼視力に関与する因子.
  日眼会誌119:846-854 2015
2、吉永朋代、古賀貴久、谷原秀信. 非穿孔性線維柱帯切除術(NPT)の限界. 
  眼科手術16:335-337 2003

◆ 英語論文
1、Miller, A.M., Nolan, M.J., Choi, J., Koga, T., Shen, X., Yue, B.Y., Knepper, P.A. Lactate Treatment Causes NFκB Activation and CD44 Shedding in Cultured Trabecular Meshwork Cells. Invest Opthalmol Vis Sci. 2007; 48: 1615-1621.
2、Koga, T., Koga, T., Awai, M., Tsutsui, J., Tanihara, H.Rho-associated protein kinase inhibitor, Y- 27632, induces alterations in adhesion, contraction and motility in cultured human trabecular meshwork cells.Exp Eye Res. 2006; 82: 362- 370
3、Koga, T., Mawatari, Y., Inumaru, J., Fukushima, M., Tanihara, H. Trans-Tenons retrobulbar triamcinolone acetonide infusion for refractory diabetic macular edema after vitrectomy. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2005; 243: 1247-1252.
4、Mawatari, Y., Koga, T., Inumaru, J., Hirata, A., Fukushima, M., Tanihara, H. The Effect of Subtenon Triamcinolone Acetonide Injection for Diabetic Macular Edema on Retinal and Choroidal Circulation. Am J Ophthalmol. 2005; 140: 948-949.