選ばれる理由 先進医療実施施設 白内障手術実績NO.1 ベリオンを導入
眼科ドック
Ophthalmology checkup

ホーム > 眼科ドック

日帰り白内障手術
多焦点眼内レンズ
ICL
院長・副院長紹介
院内案内
完全予約制
アクセス
クリニック日記
採用情報


メディア掲載情報
◆2016年10月号
  くまもと経済
 「多焦点眼内
   レンズ」
◆2016年6月号
  くまもと経済
 「近視の手術」
◆2015年10月号
  くまもと経済
 「屈折型多焦点
   眼内レンズ」

◆2015年5月10日
  熊本日日新聞
 「最先端手術を
  熊本で」

◆2014年10月号
  くまもと経済
 「オーダーメイド
   の眼内レンズ」

◆2011年10月27日
  熊本日日新聞
 「先進医療が県内
   でも可能に」

◆2010年8月28日
  熊本日日新聞
 「日帰り手術が
   普及」
◆2010年5月5日
  熊本保険医新聞
 「完全公開の
   手術室」


 眼科ドック  Ophthalmology checkup


 眼科ドックとは

 現在の制度では、病気やケガをしたときに受ける、診察・処置・投薬などの治療が健康保険の対象になります。そのため、自覚症状がない方に行う検査(健康診断や人間ドック)は健康保険の対象にはなりません。 
 しかし、眼の病気には、かなり進行しないと自覚症状が現れないこともあります。当院では自覚症状はないが、早期発見すべき眼の病気がないかを知りたい方のために、眼科ドックを用意しています。




 検査内容

 将来的に視機能(視力や視野)を悪化させる可能性がある白内障、緑内障、黄斑の病気(加齢黄斑変性、黄斑円孔、網膜前膜など)、眼底の病気(眼底出血、糖尿病網膜症、高血圧網膜症など)がないかを調べます。特に、緑内障や加齢黄斑変性はかなり進行しないと自覚症状に気づかないこともあり、早期発見、早期治療が重要です。
 眼科ドックでは現時点で治療すべき病気がないかを見つけることを目的にしています。


眼科ドック 基本コース( 所要時間約90~120分間 )  13,000円
問診 問診表に症状や気になる点を記入して頂きます。
屈折検査 現在の屈折の状態(近視、遠視、乱視の程度)を調べます。
視力検査 遠方、近方の視力を調べます。
前眼部OCT 急性緑内障になるリスクがないかを調べます。
眼底カラー写真 眼底の病気(眼底出血、糖尿病網膜症、高血圧網膜症など)がないかを調べます。
眼底3次元画像解析 緑内障、黄斑の病気(加齢黄斑変性、黄斑円孔、網膜前膜など)がないかを調べます。
診察(前眼部,眼底検査) 白内障、緑内障、黄斑の病気、眼底の病気がないかを総合的に診察します。
結果説明 医師から検査結果について説明します。


  ◆ オプション検査
 ドライアイ検査(+約30分) +2000円
 涙液破壊時間測定(涙の分泌量、安定性を簡易的に調べる方法)、シルマーテスト(涙の分泌量を精密に調べる方法)、生体染色(目の表面にドライアイによる傷が出来ていないかを調べる方法)を行い、ドライアイがないかを調べます。


 散瞳眼底検査(+約30分) +2000円
 散瞳して眼底の周辺まで調べます。初期の網膜剥離の発見、将来の網膜剥離のリスクを調べることが出来る検査です。網膜剥離を起こした家族がいる方、近視の強い方にお勧めです。散瞳眼底検査の後は、3~5時間程度まぶしく見えにくくなるため車の運転は出来ません。


 注意点

 ※ 眼科ドックは完全予約制で火曜日の午後に行っています。
 ※ 健康保険の適応外で、全額自己負担になります。
 ※ お支払いは現金のみです(クレジットカードでの支払いは出来ません)。
 ※ すべての検査結果を含む詳しい報告書は2週間以内に郵送します。
 ※ 目の病気が見つかった方・疑いがある方は、後日に、健康保険での精密検査や治療が必要になります。